スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つんくが声帯を摘出したニュースでいろいろ思う

つんくさんは声帯摘出後半年間は
公表しなかったのでかなり悩んで落ち込み
ふさぎ込み、何かきっかけがないとなかなか
言い出せないほどの気持ちの落ち込みが
あったのではないかと思ってしまいました。

声が自慢、声が自分の誇りと思えるほど、
声には自信があってCDも何百万、1000万枚
近く売れたのですからね。

のど自慢な人だったことでしょう。

プロデュース業は印税も多いので
お金に困ることはほとんどないのでしょうが、
何とか働かなければならないわけでもなく
嫌でもやらなければいけないわけでもないというのも、
気持ち的にはやらない選択肢も出てくるので
きついのかなと思いました。

声を失うならばもっと自身が歌った歌手としての
曲を制作してほしかった気もします。

売れなkなったわけでもなく売れていた時期に
突然歌手としての活動を控えた感じはありました。

シングル ベッド、いいわけ、ズルい女、
空を見なよ、上京物語など発売してきましたが。

プロデューサーになってからはASAYAN以外は
あまりでなくなったものの、
ここ数年は時々番組に出て話すこともありましたが。








コメント

コメントの投稿


非公開コメント

   
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
   
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。