スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つんくががんの手術で声や歌声を失う

つんくさんが声帯を滝出したそうですね。

摘出時期は2014年10月と言うことなので、
半年ほど前とけっこう前です。

2014年3月には咽頭がんを公表していた
そうですが、声がでないとかポリープの手術も
したことがあったのか、再発もあったのか何度か
喉の治療や手術の話は出ていました。

治療は続けたとしてもまさか摘出はないだろうと
思っていたので驚きました。

芸能人は喉を失うことを避ける場合が多く、
立川談志さんだったか、他にも俳優や役者など
手術を避けたり喉を守ることを前提に手術を
することが多い気はしました。

ホーカルの人がまさに声の人、声こそが仕事の
人が声を失う結果になるとは。

子供もそれほど大きくはない小学生あたりなので
生存の道を選んだのでしょうかね。

ここ最近はシャ乱Qの活動はあまりなく、
プロデュースが中心だったので、
昔に比べるとあの歌声が聴けない感は
あまりないですし、つんくさんも歌だけで言うと
最近まで歌っていた喉がという思いは以前ほどない
のかもしれませんが。

喉が命の職業から喉を失ってもどうにか対応できる
仕事を見つけて選んでいたことになります。

声帯を失うと空気を飲み込んでそれを出しながら
言葉にする方法があるそうですが、なかなか聞き取りづらい
風にも感じました。





芸能人がん闘病の本






コメント

コメントの投稿


非公開コメント

   
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
   
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。