スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性巡査部長、釣り専門誌で30万円稼ぐ

高速道路交通警察隊の男性巡査部長(40)が釣り専門誌に原稿を執筆すしたり、テレビの専門番組に実名でたびたび出演するなどして2006年~今年7月で30万円を稼いでいたとか。


趣味もあれば、お金になってしまうのですからたかが趣味ではないのだと思いました。


巡査部長は海釣りがうまく、上司が出演番組を見たのことにより発覚したとか。



釣り専門誌に約30本の原稿を書き、報酬をもらい、釣り道具会社7社からの依頼で、商品のPRや試作品の性能確認を請け負い、釣りざおやルアーなど約150点の道具を無償提供されていたという。


公務員は兼業が禁止されているので、違法らしいです。


それにしても政治家のテレビ出演や著書によるギャラは大丈夫なのに、公務員はだめなのもなんか変ですね。


政治かもひと月いくらまでもらえるなど、制限してもらいたいですね。


コメント

コメントの投稿


非公開コメント

   
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
   
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。