スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マダム信子のこれまで、苦労人生

浪速のスイーツ女王・マダム信子こと川村信子(60才)。


大阪の『カウカウフードシステム』の代表取締役会長で、スイーツ店の看板メニュー「マダムシンコのマダムブリュレ」が大ヒット。

年商も20億円もあることを明かしている。


自宅マンションに空き巣にはいられ、その時の被害額が3億円ということで世間を驚かせた。


最近では兵庫県西宮市の高台に建てた総額5億円もの大豪邸が話題を集めている。


「豹柄は私にとってのすべて。家も、ファッションも爪の先まで豹柄です。人生においても、事業においても、強さを持った豹柄は私の戦闘服のようなものですから」と、家のあちこちにヒョウ柄を使用している。


テレビでは在日韓国人だったことを明かし、家族9人で6畳と2畳の部屋に住み、母とリヤカーを引き、豚のえさとなる残飯を家族の食事用に集めて回っていた。


食べ物は酷い状態だったけれども食べないわけにもいかなかったとか。





18才の時に嫁いだが、夫の家から逃げ出し、大阪にスナックを開業。

その後銀座のナンバーワンホステス、クラブ経営、地元に戻り大阪で焼き肉店や喫茶店を経営。


しかしBSEなどの営業で、経営が苦しくなりスイーツ店を始めたとか。


いつか成功して親を楽にさたいという気持ちでここまでがんばってきたとか。


コメント

コメントの投稿


非公開コメント

   
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
   
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。