スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活保護を不正受給して3000万円新築一戸建てを買う

大阪府交野市で生活保護を不正受給して逮捕された3児の母親が、3000万円以上する新築一戸建てを購入していたことが分かった。

逮捕されたのは無職石井貴久美容疑者(49)。


石井容疑者は1997年1月に市内に転入してきた後も、子ども3人と月2万5800円の府営住宅に入居し、すでに生活保護を受給していた。

2008年12月から枚方市内の病院で看護助手として働き始めたにもかかわらず、「働いていない」とウソをついていた。

石井容疑者は、母子加算分などもあって月平均約23万円の生活保護。

病院勤務の給与と合計月収が40万円、年収なら約600万円があった。


ヨーロッパなどなら子供3人いればそこそこ楽な生活なのでしょうが、日本だと自己責任、国の貢献はするけど負担は自分と言う色合いが強いですかね。

子供が3人もいて、3000万円も貯蓄できるものなのか。

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

   
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
   
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。