スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエローキャブの社長の自殺

芸能界 自殺 J-CASTニュース

芸能事務所、イエローキャブの社長が事務所で死亡しているのが発見された。

小池栄子らが所属し、「巨乳」グラビアアイドルブームで一時代を築いたが、最近は経営状態がかんばしくなかったという報道が出ている。

2012年6月28日15時過ぎ、東京、南青山の事務所トイレで倒れている帯刀(おびなた)孝則社長をスタッフが発見、病院に搬送されたが死亡が確認された。

「自殺ではなく、死因は心筋梗塞」としている。

イエローキャブは1980年に設立。社長の野田義治が率いて、雛形あきこや山田まりや、MEGUMIら人気グラビアアイドルを抱え、90年代には「巨乳」ブームを巻き起こした。

04年に経営を巡るトラブルで野田が辞めてしまい、雛形さんら主要タレントの多くが、野田氏が新たに設立したサンズエンタテインメントに移籍してしまう。

帯刀社長は06年に就任し、現在イエローキャブのサイトでは小池栄子さんら14人が所属していることが確認できる。

帯刀社長は亡くなった日も通常通り出勤していたといい、社員も「特にトラブルなどは把握していない」


民間の信用調査機関によると、2008年(1月期)には5億8200万円あった売上げが、2012年(同)では2億9000万円にまで下落。

2011年(同)、2012年(同)とここ数年は黒字だったが、2009年(同)には約2億円の赤字を計上している。

「週刊文春」4月15日号の記事によると、同事務所の実質オーナーだった北陸のパチンコ業者が経営陣と衝突。

事務所経営から手を引いたことで資金繰りが悪化していたという。

肥留間正明は、「イエローキャブは元々、渡辺プロ出身でマネージャーとしての能力が傑出していた野田さんが伸ばした会社。彼が表に出て、自分の名前で仕事を取ってきていた。やっぱり野田さんがいなくなったのが大きい」

事務所には小池栄子さんや佐藤江梨子さんが所属しているが、一般的な知名度を持っているのはこの2人だけだ。

「結局、後が育っていない。タレント自体も今、過当競争でギャラが10年前の2分の1とかになっていて、厳しい事務所は多い。自殺かどうかは分からないが、切羽詰まった部分があったことは想像できる」


野田についていくタレントがいる中で、小池栄子はそのままイエローキャブに残っていて、現在はカンブリア宮殿に出ていました。

硬い番組ですが、やはりテレビ東京なのでギャラはそれほど高くはないのでしょうね。

それ以外の民放の番組はあまり出ているというイメージがないですし、佐藤江梨子はここのところは全く見かけません。


タレントに支払うべきギャラもそれほどない気もしますが、3億円ほどでは厳しいのでしょうかね。

反対に野田の事務所もそれほど新しいアイドルも誕生していません。

意外とはるな愛はサンズ所属なのですね。

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

   
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
   
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。