スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビの元アナウンサー、塚越孝のあれからと最近

塚越孝がフジテレビで自殺しましたが、移籍してからは苦労も多かったとか。

「つかでございます」の挨拶でお馴染み、ニッポン放送(LF)とフジテレビの元アナウンサー、塚越孝さん(57)が26日、勤務先のフジテレビ内の男子トイレで首つり自殺をしていた。

現場には「ご迷惑をかけて申し訳ありません」という遺書が。


「温厚な人柄ですが、会議ではシニア採用のOBを怒鳴りつけたりする一面もあった。仕事熱心な人でした」(フジ社員)


日大芸術学部卒業後、1977年にニッポン放送に入社。




「オールナイトニッポン」や「朝からたいへん!つかちゃんです」といった人気番組のパーソナリティーとして活躍していたが、06年4月、フジのアナウンス室に転籍する。

昨年6月からはクリエイティブ事業営業部プロデューサーを務めていた。

「02年、横浜市長に転出した中田宏の後継として神奈川8区から出馬すると報じられ、ミソがついた。政治色がつくと仕事にマイナスですからね。その後、ホリエモンのニッポン放送買収騒動に伴うグループ再編で、仕事のできないお荷物社員と50代以上の高給取り社員がフジテレビ送りとなった。これだけ大規模なリストラは後にも先にも一度きり。塚越さんも放出組のひとりでした」(ニッポン放送社員)


 古巣を追い出されたアナウンサーたちは、新たな職場で肩身の狭い思いをしていたという。

「『年だけど、新入社員の塚越です』なんて自虐的に挨拶していましたね。当時のアナウンス室は飽和状態だったし、いくら経験が豊富とはいえ、ラジオとテレビは別物。慣れない環境で仕事にも恵まれない。塚越さんも地上波での出番はほとんどありませんでした。心の病を患った男性アナもいましたね。現在、LF出身のアナウンサーで活躍しているのは、『Mr.サンデー』のナレーションを担当する松元真一郎アナぐらいです」(フジ社員)
 

昨年、同事業部に異動となったが、「アナウンサーを辞めたくない」と上層部に掛け合っていたという。

「LFに残ったままなら、今ごろは管理職。“現役引退”の諦めもついたでしょう。まさかの人事で苦しい日々を過ごした上に、現場を離れることに抵抗があったのではないでしょうか」(前出のフジ社員)
 

数年前、新聞のコラムで〈最後は居酒屋のオヤジになりたい〉とつづっていた。

ゲンダイネット

アナウンサーになった人はスポーツ選手同様、職業に強い思い入れがあるように感じますし、この会社で働きたいというよりはこの職業をやりたいという感じですね。

フジの山中もアナウンサーがしたいということでフリーになったそうです。

ラジオは顔が広まらないだけあって不利に働いたのか。

羽鳥はまだ恵まれている方ですね。

恵俊章もキャスターとして活躍できているのですから、アナウンサーから見ればうらやましい存在であるのかもしれませんね。




コメント

コメントの投稿


非公開コメント

   
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
   
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。