スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のっぽさん福島県の子供について語る

のっぽさんはもう放送されていないのですね。

のっぽさんは話さないとか、素顔は謎だった気もしますが。




15日、東京のシネマート六本木で、映画『子どもたちの夏 チェルノブイリと福島』公開記念トークイベントが行われ、往年のNHK教育テレビの人気番組「できるかな」で人気を集めた、「ノッポさん」こと高見のっぽが、次世代の子どもたちに向けてメッセージを送った。

1967年から20年以上にわたり放送された人気子ども番組「なにしてあそぼう」~「できるかな」のノッポさんとして知られる高見。

「僕なんか、年をとっているだけで賢さもするどさも小さい人と同じだと思うんですよ。結局、5歳も6歳も77歳も一緒。もしかしたらわたしよりも5歳から6歳のおちびさんの方が賢いかもしれないなと思うからね。大きい人は、時間と体重といった物理的なところで大きいだけだから。そういう意味で、僕は彼らを“小さい人”と呼ぶんです」

「年寄りや大人は遅かれ早かれ死ぬからいいんです。でも若い人はこれからがあるし、この先どうなるかわからない。僕は小さい人が大好きですから。(彼らは)これから長く生きなきゃいけないから、かわいそうに思うところがありますし、わたしには耐えられない。大きい人たちは、小さい人がえらいことになるよということを、これを契機にもっと正直に、もっと勉強して、考えてもらえたらなと」シネマトゥデイ




やはり福島県とかその周辺の住民はそこから離れた方がいいのではないかという気もしますね。


将来放射能による異変が起きたとしても、福島原発との因果関係は認められないなど、切り離されそうな気もしますが。

経済的な事情から住み続ける人もいるかもしれませんが、故郷が好きだからとか、東京の原発のためになんで動かないといけないんだという遺児みたいなものもあるのでしょうかね。



コメント

コメントの投稿


非公開コメント

   
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
   
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。