スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北九州市立いのちのたび博物館「小惑星探査機『はやぶさ』帰還カプセル」特別公開

北九州市立いのちのたび博物館(北九州市八幡東区東田2、TEL 093-681-1011)で12月22日~25日、「小惑星探査機『はやぶさ』帰還カプセル」特別公開が開催される。

はやぶさは、2003年5月9日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が打ち上げ、イオンエンジンの実証試験を行いながら2005年9月に小惑星「イトカワ」へ到着した。その後のトラブルにより地球への帰還を3年延長することになったが、昨年6月13日、カプセルははやぶさから切り離され、オーストラリアに着陸。はやぶさの本体は大気中で燃えた。カプセル内からはイトカワの岩石質微粒子などが回収された。

実際に7年間、3億キロ、「宇宙を旅してきた」もの。

小倉経済新聞


将来は宇宙旅行が気軽にできる時代も来ると言われていますが。

北九州にはスペースワールドもあり、宇宙の都市という感じもしますが、もっと宇宙カラーのある都市づくりをしてもらいたいですね。





コメント

コメントの投稿


非公開コメント

   
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
   
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。