スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアのプーチン首相日本までトンネルを建設することも可能

ロシアのプーチン首相は15日、大統領選を控えて国民と行ったテレビ会見で、極東のタタール海峡(間宮海峡)に架橋して本土からサハリンへ鉄道を通す計画に関し「(サハリンから)日本までトンネルを建設することも可能で、われわれは検討中だ」と語った。

サハリンへの架橋は経済面で「重要な計画」と指摘。その上で、計画は「シベリア鉄道を日本の貨物で満載することにつながる」と期待感を示し、日ロ間をトンネルでつなげる構想に言及した。ただ、外交筋は「日ロ政府間で検討している事実はない」


ロシアにとって日本とはどこまでのことを指すのかということからして、難しい問題でしょうか。


ロシアは広大な国土もありますし、外資資本が入ってくれば経済大国になりそう?


石油など資源が豊富らしいですね?!


よくあんなに土地を持っているなというか。


経済大国になると、金で政治が動いてしまうとか、開放して外国人労働者や移民を受け入れると面倒とか、都合の悪いことが多いのでしょうかね。





コメント

コメントの投稿


非公開コメント

   
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
   
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。