スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥山レポーター 1年以上仕事がなく、恋人とも破局していた

レポーターの奥山英志さんは以前からどうやらお金に困っていたらしい、料金を滞納していたという話もあったり、元々は節約する方ではなく、使う方だったとも言われていたようですが。

レポーター歴が長かっただけに、これまでの収入が少なかったわけではないのだとは思いますが。

風呂に水を溜めたままになっていたというのも、外に出てみたら衝動的に死にたいと思ったのでしょうかね。



NEWS ポストセブン によると


今年3月から行方不明になっていたレポーターの奥山英志さん(享年61)が、亡くなっていたことが明らかになった。今年4月に東京・調布の神代植物公園で首を吊った状態で見つかった。


年の奥山さんは、仕事や女性関係で悩んでいたという。“元祖・事件レポーター”としてワイドショーなどで活躍してきた奥山さんだが、テレビレポーターのレギュラーは2001年以降なくなり、2002年に吉本興業に移籍してからはイベントや結婚式の司会業などで生計を立てていた。

「移籍した直後に会ったときは、“週に1回か、月1本仕事があればいいほうだよ”なんていってました。奥ちゃんは年々仕事が減っていて、最後の仕事は2010年の2月だったそうです。貯金をしっかりしていたというから、それを切り崩して生活をしていたんでしょうね」

川崎市内の家賃約11万円、2LDKマンションにひとりで暮らしていた奥山さんは、独身だったが、一度は結婚まで考えた恋人がいたようだ。

「その女性は数年前に名古屋で暮らす母親にも紹介していたそうで、真剣に結婚まで考えていたそうです。でもいまから1年ほど前に別れてしまったみたいで、そのころから奥ちゃんは、酒を飲んでいても、最初の20分くらいは明るいんだけど、急に暗い顔をして、彼らしくない“生きるとは? 死ぬこととは?”といった死生観について語り出したりしたんですよ。“最近、おれ、うつっぽいんだよね…”と弱音を吐いたりして、“元気がないから、お酒たくさん飲んじゃうんだけど、全然酔えない”なんて嘆くんですよ」(前出・三井氏)





コメント

コメントの投稿


非公開コメント

   
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
   
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。