スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清武英利氏が22日に『「巨人軍改革」戦記』を発売

コーチ人事を巡る対立から巨人の代表兼GM(ゼネラルマネジャー)を解任された清武英利氏が22日に『「巨人軍改革」戦記』(新潮社、税込み1470円)を緊急発売することが16日、明らかになった。「巨人軍改革」戦記

 11月11日に同氏が行った記者会見に端を発し、同氏と読売グループおよび巨人は訴訟合戦に突入しているが、この著書を読むと対立の本質が分かるという。

 清武氏によると、お家騒動の引き金になったのは、今年7月にあったある事件。同氏が「週刊ベースボール」に掲載していたコラムに対し渡辺恒雄巨人軍会長が「やめろ」と言ってきた1件からだという。



本まで書いていたのか!という感じではありますが。


読売新聞は主筆が渡辺恒雄さんで、株式上場もしていないこともあり、権限はすべて渡辺恒雄さんが握っていて、反論できるものがいないのだとか。


渡辺恒雄さんは小さい頃に父親を亡くし、支援してもらった反動やら、母親の教えなどにより、権力を握りたがる性格となったのでしょうかね。


石原慎太郎さんも元々はごく一般の家の子だったそうで、子孫に奮起してもらおうという親の教えなどがあったのでしょうかね。



家族出身とか、名家出身者は意外と穏和で、家族制度が廃止されてからは社会に対応できずに、衰退して普通の家系になっていた人も多いのだそう。


ちなみに清武さんは武士の子孫なのだそう。



コメント

コメントの投稿


非公開コメント

   
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
   
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。