スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清原和博、コンビニ生活、短期型マンション生活など

清原和博さんが金スマに出ていましたが、
離婚後はコンビニのおにぎりを食べるなどの
生活と言うものを初めてしたというような
ことを話していました。

しかしコンビニでちょっと食べる程度でも
ないようで細い体型でもなくがっしいしていうように
見えました。

その他韓国料理店で食べることもあるそうです。

雑誌などでは堀内恒夫さんが監督だったら
入団しなかったなどの話もしていたそうです。

堀内さんとは犬猿な仲で不穏な空気を記者など
取材者が見たり聞いたりすることもけっこうあったそうです。

元木大介さんも監督とは関係が悪く、
ボールが堀内さんに当たって笑っていたと
書かれていたこともありました。

野村克也さんは監督になってもいいほどの
人間なのになれないのは人間性に問題があるからじゃ
ないのと話していました。

頭の大きさで野村克也さんが使っていたヘルメットを
清原さんが使っているというのは昔からけっこう知られて
いた話のようで、西武ライオンズがはがれると
下には南海ホークスの緑色が見えるそうなので、
20年30年ほど使われていたらしいヘルメットらしいです。

清原和博さんは広尾のマンションに20年近く
住んでいたそうですがマンスリー化ウイークリー化の
マンションに移り住んでいるそうです。

理由は物件を探す時間がないと語っていましたが、
記事などによると仕事はあまりないそうなので、
忙しくはないようです。

マンションを売却したお金があるとは言え、
一度お金に困る思いをすると使わない生活を
しようと思うものなのかもしれませんね。

賃貸で現金は使う、使えるお金をすべて使う
という選択はしてなくてよかったですね。







スポンサーサイト

清原和博、テレビ出演も困難だった、とんねるずなどとの関係、けど金スマに出演

「何か仕事を…」清原和博、芸能関係者へ営業電話攻勢&逆ギレ 
石橋貴明も着信拒否で絶交 というビジネスジャーナルの記事が
再び注目されていました。

金スマで言っていたマンションを出てホテルや
ウイークリーマンションで生活をしているという
内容も事実だったので記事の内容は合っているのか。

離婚直後はテレビ出演したいとのお願い電話を
かけていたものの断られていた。

徐々に仕事仲間なのに人情もないのかと怒りとなり、
もういいと電話を切り、しかし1週間後にはまた
電話をするということが頻発していたのだそう。

テレビ仲間からは番号を変更されたり着信拒否され、
連絡が取れない状態になったのだとか。

これが清原和博さんが金スマで言っていた
騒動があると親しかった人が一気に離れていく
という出来事なのでしょうかね。

とんねるずの石橋貴明さんもどうにもできないので、
着信拒否していたのだとか。

たしかにとんねるずのおかげでしたで芸人などが
集まって地方へ行ってロケするみたいな企画には
最近は出ていない様子でした。

記事の中ではNBPは顔の知られたプロ野球選手には
今はあまり清原さんとは関わらないようにと通告して
いるのだとか。

逆に主力の人以外ならいいということなのか。


昔は番組1本だけでもギャラ300万円だった
そうなのでお金を稼ぐのは大変と言う実感はなく
なっていたかもしれませんね。

そういう出演させられない清原さんが金スマに
出れたのも巨人ファン中居さんの意向もあるの
でしょうかね。

今年になってラジオなど復帰も増えているので
接触禁止令も解除となったのでしょうかね。


清原さんは温和な雰囲気ではないものの、
人情に厚いとか恩は忘れず恩返しするところも
あるそうなので悪いことばかりの人と言う感じも
なく豪快でも嫌味なところはそれほどないので
個人的には表に出る人ではあり続けてほしい気はします。

ケチでもなく表ではいい顔でも裏では
欲にまみれた人でもなく欲深いわけでもないようですからね。




つんくが声帯を摘出したニュースでいろいろ思う

つんくさんは声帯摘出後半年間は
公表しなかったのでかなり悩んで落ち込み
ふさぎ込み、何かきっかけがないとなかなか
言い出せないほどの気持ちの落ち込みが
あったのではないかと思ってしまいました。

声が自慢、声が自分の誇りと思えるほど、
声には自信があってCDも何百万、1000万枚
近く売れたのですからね。

のど自慢な人だったことでしょう。

プロデュース業は印税も多いので
お金に困ることはほとんどないのでしょうが、
何とか働かなければならないわけでもなく
嫌でもやらなければいけないわけでもないというのも、
気持ち的にはやらない選択肢も出てくるので
きついのかなと思いました。

声を失うならばもっと自身が歌った歌手としての
曲を制作してほしかった気もします。

売れなkなったわけでもなく売れていた時期に
突然歌手としての活動を控えた感じはありました。

シングル ベッド、いいわけ、ズルい女、
空を見なよ、上京物語など発売してきましたが。

プロデューサーになってからはASAYAN以外は
あまりでなくなったものの、
ここ数年は時々番組に出て話すこともありましたが。








つんくががんの手術で声や歌声を失う

つんくさんが声帯を滝出したそうですね。

摘出時期は2014年10月と言うことなので、
半年ほど前とけっこう前です。

2014年3月には咽頭がんを公表していた
そうですが、声がでないとかポリープの手術も
したことがあったのか、再発もあったのか何度か
喉の治療や手術の話は出ていました。

治療は続けたとしてもまさか摘出はないだろうと
思っていたので驚きました。

芸能人は喉を失うことを避ける場合が多く、
立川談志さんだったか、他にも俳優や役者など
手術を避けたり喉を守ることを前提に手術を
することが多い気はしました。

ホーカルの人がまさに声の人、声こそが仕事の
人が声を失う結果になるとは。

子供もそれほど大きくはない小学生あたりなので
生存の道を選んだのでしょうかね。

ここ最近はシャ乱Qの活動はあまりなく、
プロデュースが中心だったので、
昔に比べるとあの歌声が聴けない感は
あまりないですし、つんくさんも歌だけで言うと
最近まで歌っていた喉がという思いは以前ほどない
のかもしれませんが。

喉が命の職業から喉を失ってもどうにか対応できる
仕事を見つけて選んでいたことになります。

声帯を失うと空気を飲み込んでそれを出しながら
言葉にする方法があるそうですが、なかなか聞き取りづらい
風にも感じました。





芸能人がん闘病の本






   
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
   
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。